早起きして朝にもっと整理するための17のヒント

目を覚ます時間はおそらく誰のお気に入りでもありません。特に、不眠症や前日の遅くまで働いた後、早起きしなければならない場合。しかし、モチベーション、喜び、そしてたくさんの組織から毎日を始める理由はたくさんあります。

あなたの朝のルーチンを確立することは多くの仕事のように思えるかもしれません。しかし、実際にはそうではありません。実際、ルーチンを確立する人は、早い段階ですべてを管理できるため、ストレスを感じる可能性が低くなります。

だからここにあなたがベッドの右足で降りて、前向きで落ち着いた態度とあなたの一日を最大限に活用するために必要な組織で早く起きることを確実にするいくつかの方法があります。また、不眠症と戦うために専門家からのヒントが必要な場合は、この記事と最良の解決策も確認してください。

覚えておいてください:ストレスと不安はあなたの免疫システムに大混乱をもたらします。幸せでリラックスした一日を始めると、より健康的で生産的な一日を過ごすチャンスが増えます。だから、あなたの顔に笑顔を置き、より多くのエネルギーで一日を始める準備はできていますか?

早起きしておはようルーチンを行うための17のヒント:

kieferpix / iStock

1.カーテンを部分的に開いたままにします

寝る前に、部屋のカーテンを半開きにしておいてください。そうすれば、自然の日光が脳に信号を送り、メラトニンの生成を減らし、アドレナリンレベルを徐々に上げます。これは、目覚める時が来たことを示しています。そのため、アラームが鳴ったとき、あなたはすでに半分目覚めています。

メラトニン:睡眠ホルモンについてすべて知っています!

ティエロ/ iStock

2.目覚まし時計を15分早く鳴るように設定します

早起きしたいが、急いで起きないようにしたいですか?次に、目覚まし時計を起きなければならない時間の15分前に設定します。そうすれば、遅れることを恐れてベッドから飛び降りる必要はありません。少し余分な時間があれば、1日をゆっくり始めることができます。始まる新しい日のために精神的に準備することは、肉体的に準備することと同じくらい重要です。

Photoboyko / iStock

3.「スヌーズ」ボタンは使用しないでください

あと5分寝るという選択肢があるのがいかに魅力的かを私たちは知っています。しかし、5年ごとに、スケジュールを逃してしまう可能性があります。したがって、そのボタンは避けてください。

ヤコブチュクオレナ/ iStock

4.体を15秒間伸ばします

目を開ける前にこれを試してみてください。腕を持ち上げて、各指を伸ばすことから始めます。それからあなたの手、あなたの手首、そしてあなたの腕。動きに焦点を当てて、あなたの体のすべての部分でこれを行います。体を伸ばすことは、すべての組織に余分な酸素を供給する血流を改善するために重要です。

ストレッチ:筋肉と精神を和らげます-チェックしてください!

読み続けます