自家製ビーフブロスの作り方を学ぶ(そして冷凍する!)

風味の観点から、自家製のビーフブロスは、工業化されたペースト、キューブ、粉末よりもはるかに優れています。また、スーパーマーケットで販売されているほとんどの既製のスープにはない塩分や化学添加物が含まれていないため、より健康的です。

自家製のビーフブロスは、骨の有無にかかわらず作ることができ、いつでも利用できるように冷凍することができます。レシピでスープを使用する場合、他の材料に応じて、味に塩を加えることができます。

骨のレシピは約1.2リットルを生み出します、チェックしてください:

材料

  • 肉の骨(牛肉、子牛肉、子羊肉)900 g、みじん切り
  • 新鮮なタイムの小枝2本
  • パセリの小枝2本
  • 大きな月桂樹の葉1枚
  • 7.5cmのセロリ
  • 玉ねぎ2個、粗く刻んだ
  • セロリの茎2本、粗く刻んだ
  • にんじん2本、粗くみじん切り
  • 黒胡椒4粒

準備モード

1

2リットルの水を入れた大きな鍋に骨を入れます。沸騰したら、表面から泡を取り除きます。

二。

タイム、パセリ、月桂樹の葉、セロリを結び、ブーケガルニを作り、玉ねぎ、セロリ、にんじん、黒胡椒を入れて鍋に入れ、鍋に蓋をして弱火で5〜6時間煮ます。

3.3。

骨と野菜を捨てて、ボウルの上のふるいを通してブロスを濾します。冷ましてから、脂肪が懸濁して固い層になるまで冷蔵します。表面から脂肪を取り除き、ブロスを使用する前に廃棄します。

オプション:自家製の骨なしスープ

必要に応じて、骨なしのスープを作ることもできます。

1.1。

大きな鍋で、ひまわり油大さじ1杯に125gの牛肉の筋肉または子羊または豚肉を骨なしで焦がします。

二。

肉を取り除き、玉ねぎ1個、にんじん1個、セロリの茎1個を追加します。

粗みじんに切る。野菜を焦がし、2リットルの水を加えて沸騰させます。

3.3。

肉を鍋に戻し、弱火で再び沸騰するまで加熱し、表面に形成された泡を取り除きます。月桂樹の葉2枚、パセリ1束、新鮮なタイム1束、黒胡椒10粒、塩小さじ1/2を追加します。火を弱め、鍋に蓋をして2時間加熱します。

4.4。

メインレシピのように、脂肪を濾し、冷蔵し、取り除きます。このレシピでも約1.2リットルが得られます。

自家製ビーフブロスを冷凍する方法

スープを冷蔵庫に入れて脂肪を取り除いた後、風味が濃くなるまで沸騰させ、冷まして氷皿で凍らせます。

自家製のブイヨンキューブは個別に使用できます。熱い液体、スープ、またはシチューに追加するだけです。それらはほぼ瞬時に溶けます。