がん後の生活:実話

癌の診断を受けることは診療所で最大の恐れの1つですが、今日、これまで以上に、のニュースを受け取る人々のための新しい治療オプションがあります。しかし、そのニュースは心強いものです。「癌による死亡率は低下し始めています」と、腫瘍学者のシッダールタ・ムカジー博士は言います。「これは、この病気との戦いにおける重要な勝利です。人々はこの衰退の原因を分析するために事実に戻りました、そして答えは非常に満足のいくものです:予防から治療まですべてが助けになりました。」

ガンの予防に役立つ7つの食品をご覧ください。

今日、世界対がんデーに、がんに打ち勝ち、治癒の希望を失わない人々の3つの報告をチェックしてください。

アンダースヘディンのがん後の生活

テキストの校正者。63年。彼はスウェーデンのストックホルムに住んでいて、2人の子供がいます。

「2004年に癌が再発したことを知ってショックを受けました。11年前、黒色腫が私の皮膚から取り除かれました。今、彼らは小腸で別のものを発見しました、そして、まもなく、脳腫瘍。手術を経て、平均余命は1年になるようでした。控えめに言っても、私は恐れていました。子供が成長するのが見えなかったという事実を認めることができませんでした。

しかし、それから私は新しい治療法をテストするための研究に参加する機会がありました。それがうまくいけば、私は生き残るでしょう...医師は、脳から採取した腫瘍から癌細胞と戦う白血球を抽出しました。それから彼らは実験室でそれらを栽培し、それからそれらを私の体に戻しました。2004年から2009年の間に、私はこれらの治療のうち11回を受けました。

私は誤解されているかもしれませんが、他の臓器への再発や転移がなかったため、脳に関連する場合を除いて、癌からある程度保護されていると感じています。私の脳で検出された微小転移巣は、ガンマ線ビームを使用したいくつかの「手術」でうまく治療されました。ですから、すべての可能性に反して、そして神に感謝します、私はまだ生きています。

今日、私は自分がやりたいことだけをし、嫌いなことは避けようとしています。私は新しい本のプロジェクトを持っており、数ヶ月前、スウェーデンで黒色腫患者のための協会を設立するのを手伝いました。」

エドゥアルド・フェルナンデスによる癌後の生活

68歳の化学技術者は、リオデジャネイロに住んでいます。

「私はいつも死を自然な流れだと考えていましたが、2002年に58歳で、オレンジサイズの膀胱腫瘍を取り除くことを認められたとき、私は退院していくつかの保留中の問題を完了することだけに関心がありました。

私はショックで辞任した。私は自分の事件だけではなく、他の人々がさらに苦しんでいると考えようとしました。私は苦しみが私の抵抗を増やすか、私をより単純な人にするのに役立つはずだと信じていました。しかし、私が肉体的および感情的な変化に耐えることができるかどうかを疑問視することは避けられませんでした。どういうわけか私は癌を患っており、それと戦う人々のグループに含まれていました。

治療が始まったとき、腫瘍の悪性度が低いので、それほど攻撃的ではないと思いました。私はそのような侵襲的で痛みを伴う手順を経ることを想像していませんでした。私が入院していた時期は、主に、私と一緒に苦しみ、同行してくれた兄弟、母、娘の無条件の支援が大きな違いを生みました。家族は私が強くなり、病気に直面するのを助けてくれました。私は身体的な影響がないことを光栄に思い、祝福されました。

私は2007年に治癒したと考えられました。感動せずに経験したことすべてを思い出すのはまだ難しいです。未知の世界に直面して、私たちはなんと無力なのでしょう。そして、私たちがどのように癌の考えられる原因に自分自身をさらすか。病気の危険因子についての開示が不足しているのではないかと心配しています。最終的にメディアに登場するものは、最も困窮している人々には届きません。

私は治療を受けることができました-民間の専門家による治療は費用がかかります-そして私は神と医者に感謝しています。私は人々に役立つように努め、私に来る人々を助けます。そして、私はこれを一生やります。」

モニカ・ブナシウ・カートによる癌後の生活

白血病との闘いのためのルーマニア協会の会長。32歳。フランスに住んでいます。

「1994年、私にはたくさんの夢がありました。私は20歳で、経済学を勉強していました。しかし、私は疲れを感じました…そして私の状態は悪化していました。ある日、12月に私は胸膜炎を患い、入院しなければなりませんでした。誰も私に何が悪いのか教えてくれませんでした。それから、ある日、私は自分のチャートを見ました。急性リンパ芽球性白血病でした。私は恐れていました、私は死ぬでしょう。

治療の最初の段階の後、私は2回再発しました。ルーマニアでの治療はそれほど進んでいませんでした。それで、家族と一緒にドイツに行きました。そこで、治療の見込みはないと言われました。必死で、私の父はイタリア人の医者を呼んだ。そしてそこで私はイタリアに行き、完全な放射線療法を伴う特別な種類の化学療法を受けました。2ヶ月後、骨髄移植を受けました。

しかし、私は次の5か月を孤立して、痛みを伴い、何週間も飲んだり食べたりすることができずに過ごしました。その後、1996年4月下旬に昏睡状態に陥りました。しかし、自分の人生は重要であり、愛されていると感じたことを覚えています。私は3日後に昏睡状態から抜け出しました。

私の人生は完全に変わりました。子どもができなかったので悲しくなりましたが、がんサバイバーとしての生活は違うことに気づきました。私にとって重要なことは、他の患者がこの病気に対処するのを助けることです。それが私の夫に会った方法です。

私を助けてくれた人々のおかげで、私は今日生きています。戦争は終結しなければなりません。この闘いから私たちが受け取る最も価値のある贈り物は愛です。」

ChristineLangloisとLiaGraingerによる