成人もCovid-19多臓器炎症性症候群を発症する可能性があります

最近発表された研究では、以前は子供と青年にのみ登録されていた状態である、成人のCovid-19関連する多臓器炎症性症候群の症例が報告されました。この出版物は、米国疾病対策センターによって作成され、covidが陽性であった27人のアメリカ人とイギリス人の患者の症例を分析しました。

多臓器炎症症候群は、最も重症のコビッドに似た症状(呼吸器系以外の部分の炎症と合併症)によって現れますが、呼吸器症状はありません。

また読む:Covid-19症状の持続は病気の後遺症の可能性を警告します

小児多臓器炎症症候群(SIM-P)の患者では、症状は高熱、嘔吐、結膜炎、皮膚の発疹や炎症の出現から始まります。心臓、血液、神経系が関与していると、状態は悪化します。 

成人の多臓器炎症性症候群(SIM-A)と診断された患者は、一般に、最小限の呼吸器系の問題などの症状が見られませんでした。SIM-Aの前に症状が記録されたのは8人だけでした。 

病気の病理はまだ謎です:大人の30%と子供たちの40%は行われたPCRテストで陰性の結果を受け取りましたが、抗体の実験室テストでは陽性でした:病気はcovid感染プロセスの後に発生しました。これは、この新しい症候群の医師や科学者を魅了する要因です。症状が持続的なCovid-19感染によるものか、別の性質の現象であるSIM-Aに該当するかを正しく識別することの難しさです。

息切れなどの典型的なCovid-19症状を報告した症候群の患者では、2番目の症状が現れるまでに2〜5週間かかりました。しかし、典型的な症状がなかった患者の間では、最初の感染がいつ起こったかを正確に知ることはより困難でした。

SIM-PおよびSIM-Aの症状

多臓器炎症症候群は、心臓の問題、胃腸の症状、皮膚の発疹も特徴とします。研究対象の患者は、24時間以上の発熱、胸痛、動悸、および不整脈などの心電図の変化がありました。心臓発作などの心筋傷害に関連する高レベルのトロポニンも報告されています。

彼らは呼吸器症状を示さなかったが、グループの60%の肺画像は、Covid-19合併症に関連する斑点を伴って戻った。他の臨床検査でも、高レベルの炎症と凝固障害が示されました。 

これらの患者の治療は、静脈内免疫グロブリンとコルチコステロイドを使用して行われました。インターロイキン6受容体遮断薬であるトシリズマブも投与されています。これは、covidの治療薬として使用されているリウマチ性関節炎の治療薬です。

また読む:Covid-19:コロナウイルスがあなたの心臓にどのように影響するかを学ぶ

しかし、ニューイングランドジャーナルオブメディシンによる研究では、この薬は中等度の症状のある患者の挿管の予防や死亡の予防には効果がないと結論付けています。 

成人多臓器炎症性症候群が疑われる27人の最初の患者のうち、24人が生き残った。研究によると、子供と同じように、十分な集中治療を受ければ回復率は良好です。フォローアップされた患者の半数は、肥満などのCovid-19の危険因子を持っています。

小児多臓器炎症性症候群

サウジアラビアのキングファハド軍病院の小児科が発表した記事など、子供におけるより重症のCovid-19の最初の報告のいくつかが1月に発表されました。10月の初めまで、ブラジルでは375例の多臓器炎症性症候群が登録されていました。

子供と青年は、高熱と持続性の発熱、重度の胃腸症状、結膜炎、皮膚の赤みがかった斑点があります。状態が悪化すると、若者に心臓発作を引き起こす可能性もあります。SIM-Pは免疫グロブリンとコルチコステロイドでも治療され、子供を入院させます。

また読む:シンデミックとは何ですか?Covid-19に提案された新しい分類

川崎病

4月、川崎症候群とCovid-19に関する最初の報告が発表されました。この報告の後、他の同様の事例が米国だけでなく、ヨーロッパとラテンアメリカでも発表されました。

川崎病との最初の類似性にもかかわらず、心臓の問題の発生率が高いなど、新たに出現した症候群との違いが観察されました。川崎症候群は、血管炎、血管の炎症として説明されており、いくつかの臓器に問題を引き起こす可能性があります。

この病気には、少なくとも5日間続く発熱、唇の裂け目や出血、結膜炎、足や手の甲の浮腫など、いくつかの症状が考えられます。皮膚の発疹は、発熱の5日目からも現れることがあります。

多臓器炎症性症候群のように、それは子供と大人に影響を及ぼし、呼吸器症状を引き起こしません。川崎症候群の原因も不明であり、適切に治療しないと、心膜炎などの心臓合併症を発症する可能性があります。


注意:

症状を正しく診断し、効果的かつ安全な治療を行うには、医師の診察を受けてください。