自分でやる:ホームワークショップに欠かせない7つのツール

DIYファンの場合、ほとんどのマイナーな修理には設備の整ったワークショップは必要ありませんが、一部のツールは常に作業を容易にします。よくわからない場合は、必要なときに高品質のツールに投資してください。それらが長持ちするようにそれらの世話をしてください。そして、結局のところ、自分で管理できれば、余分なお金をかける必要はありませんが、単純なツールにわずかな投資をするだけです。必要な7つのアイテムは次のとおりです。

1測定ツール

5メートルの巻尺が不可欠です。ただし、水準器と直線を描くための金属製の正方形もあります。

2切削工具

最も便利な切削工具は、格納式のブレードを備えたスタイラスです。しかし、小さな金属のこぎりと木製のこぎりを持つことは大いに役立ちます。

3ハンマー

いくつかの種類があります。ほとんどの仕事では、耳または大工のハンマーとして知られている中程度の重量のハンマー(約450グラム)を使用できます。ガラスまたはスチールのファイバーハンドルがあり、ゴムで覆われている必要があります。

4ドライバー

5、6、8 mmの単純なドライバーと、1番と2番の交差したドライバーが基本です。保管スペースを節約するために、交換可能なチップ付きのドライバーを購入してください。

5締め付けツール

平らで丸みを帯びたクランプ面を備えたユニバーサルプライヤーのペアに投資してください。鼻が長く先端が尖ったペンチは、さまざまな作業に役立ちます。モンキーレンチを用意し、それを圧力ペンチと組み合わせます-ナットとパイプを安定させます。

6電気ドリル

実際、最新の電気ドリルは、あなたが必要とする唯一の強力なツールかもしれません。適切なドリルと付属品があれば、ドリル、研削、研磨、研磨に使用できます。

7潤滑剤、溶剤、接着剤

ちなみに、あなたは市場で入手可能ないくつかの化学物質を必要とするかもしれません。さらに、潤滑剤、溶剤、接着剤の3つのカテゴリに分類されます。

潤滑剤は、水分を除去するものです。

-金属部品に適した軽質エンジンオイル

-ゴム部品に使用するシリコーン潤滑剤

-自転車の潤滑油

主な溶剤は次のとおりです。

脂肪を取り除くテレビン油

-イソプロピルアルコール、電気接点を洗浄します

-アセトン、染み抜き剤。

接着剤は次のとおりです。

-接触接着剤は、プラスチック、ゴム、皮革に最適です

-PVCセメントは、パイプおよびポリ塩化ビニルの側溝を対象としています

-エポキシ樹脂は、金属、セラミック、および一部のプラスチックで使用するための強力な合金を形成します

-小さな破損を修復するのに最適な瞬間接着剤があります。

セキュリティについて話しましょう

安全を保つ

まず第一に、安全に働くことは常識の問題です:急いでまたは危険を冒さないでください。明らかな安全対策:たとえば、電動工具を取り扱うときは、ゴーグルを着用し、残留電流装置(回路ブレーカー)を使用してください。ただし、電化製品を使用している場合は、それらをコンセントから外してください。システムについては、まず消費者ユニット(ライトボードまたはヒューズボックス)の電源を切ります。

階段について一言

階段からの落下は、住宅事故の最も一般的な原因の1つです。たとえば、滑り止めの靴を使用してください。次に、はしごをしっかりした平らな面に置きます。壁にもたれかかっている場合は、高さ1メートルごとにベースが壁から25センチ離れている必要があります。とにかく、常に階段を上と下の両方に向けてください。したがって、事故を避けるために横に寄りすぎないでください。

古い家具に新しい命を吹き込みましょう。