勃起不全-原因と予防戦略について学ぶ

1998年以前は、誰かが勃起不全や性的不能という言葉を発音するのを聞くことはめったにありませでした。その後、バイアグラと呼ばれる青いひし形の錠剤が現れ、突然すべてが変わりました。勃起を維持する能力は、夕方のニュースと漫画に登場しました。現在、この性機能障害を治療するために承認されている薬が増えていますが、単純なライフスタイルの変更でそれを防ぐことができます。

症状

勃起を維持することができない。

原因

血管の健康に影響を与える状態(心臓病、糖尿病、高血圧、喫煙)は、勃起を損ないます。ストレスと人間関係または感情的な問題は他の原因です。

予防戦略

ギリシャ人のように食べる

それらすべての彫像に描かれている古代ギリシャ人とローマ人は、勃起の問題を抱えていたと思いますか?どうやらそうではなく、彼らが食べたもののおかげです。地中海式食事は、オリーブオイルなどの食品に含まれる健康的な一価不飽和脂肪が豊富です。また、果物、野菜、アーモンド、ナッツ、マメ科植物、全粒穀物、魚が豊富で、赤身の肉は比較的少ないです。イタリアの研究者は、勃起不全の男性100人を、この問題のない別の100人と比較し、食事が地中海式食事に近い人は性的不能になる可能性が低いことを発見しました。研究者たちは、その理由は食事療法の抗炎症効果であると推測しています。炎症は脂肪性プラーク(アテローム)の蓄積に寄与します、血管が狭くなり、陰茎に流れる血液の量が減り、勃起が困難になります。

スポーツに専念する

運動は筋肉に良いだけではありません。勃起にも良いです。中年に身体的に活発になった男性は、性的不能のリスクを70%減らしました。実際、身体活動は、どのような種類であっても、喫煙をやめたり、体重を減らしたり、アルコールの消費量を減らしたりするよりも、性的不能のリスクを減らします。

禁煙します

中国人7,684人を対象とした研究では、勃起不全の5例に1例が喫煙の原因であることがわかりました。喫煙すればするほど、問題が発生する可能性が高くなります。この研究では、1日に20本のタバコを吸うと、まったく喫煙しない場合と比較してリスクが60%増加することがわかりました。理由?喫煙は血管を収縮させ、脂肪性プラークの蓄積に寄与し、動脈への血流を減少させます。そして、あなたはそれが何を意味するか知っています。喫煙はまた、男性の性器を含む血管を拡張させ続ける化学物質である一酸化窒素のレベルを低下させます。

喫煙しない日でも勃起を改善することができます

血糖値を正常に保つ

糖尿病の男性の半数は勃起の問題を抱えています-糖尿病のない男性の2倍の割合です。

薬を飲む

シルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィルの3つの選択肢があります。それらはすべて、陰茎の血管を拡張し、そのように保つのを助ける化学物質である一酸化窒素のレベルを上げるので、勃起を維持することが可能です。

3つの主な違いは、起動する時間です。バルデナフィルが最も速く作用します。ある研究によると、このピルはわずか10分で効き始め、最大12時間活性を維持しました。ただし、ロマンチックな週末を楽しむために旅行した場合は、タダラフィルの服用を検討してください。研究によると、1回の服用は最大36時間続くことがわかっています。

シルデナフィル(バイアグラ)のような薬は必要な場合にのみ使用する必要がありますが、予備研究では、薬の使用をやめた後、1年間毎晩服用することで性的不能を防ぐことができることが示唆されています。

ドイツの研究者は、毎晩50 mgのシルデナフィル、または必要に応じて50〜100mgを1年間服用した112人の無力な男性の性的能力を研究しました。治療なしで6か月後、毎晩服用した人の58.3%は、薬なしで正常な勃起を示しましたが、必要なときに薬を使用した人の8.2%にすぎませんでした。別の薬であるタダラフィルは、すでに毎日の使用が承認されています。

新しい研究

性的不能の男性は、パーキンソン病を発症するリスクが高くなります。研究者は32,616の記録を評価し、勃起不全の病歴のある患者は実質的にパーキンソン病を発症する可能性が3倍高いことを発見しました。この関係は、呼吸や消化などの機能を調節する自律神経系の損傷によるものと思われます。理論的には、この関係の基本的な理由を特定することは、パーキンソン病を予防する方法につながる可能性があります。

医師に相談してください。