赤ちゃんの日光浴:あなたも必要な理由を知ってください

多くの人が日焼けをするためだけに日光浴を楽しんでいます。しかし、特にあなたが人生の初めにいるとき、太陽光線も重要な健康の味方です。赤ちゃんの日光浴のメリットがわからない場合は、時間を無駄にしないでください。

母乳には、主に骨系に作用するビタミンDが豊富に含まれています。さらに、ビタミンDは免疫系にも効果があり、心臓を保護します。体が形成されているときに、赤ちゃんの体がこの栄養素を大量に受け取ることが不可欠です。しかし、それだけではありません。ビタミンDは体内で活性化される必要があります。

そして、それが日光浴の出番です。日光はビタミンEを合成し、その機能を活性化します。ただし、注意が必要です。第一に、赤ちゃんを長時間日光にさらす必要はありません。1日10〜15分で十分です。さらに、最適な露光時間に注意を払う必要があります。専門家が推奨するのは、赤ちゃんが午前10時前と午後4時以降に露出することです。

参照: 乾癬と戦うための7つのヒントを学ぶ

日光浴はまた、赤ちゃんの黄疸を引き起こす血中のビリルビンを減らすのに役立ちます。ビリルビンはヘモグロビン、血球の破壊から生じるこの色の化合物であるため、この病気の兆候の1つはオレンジ色の肌です。

赤ちゃんを日光浴する方法は?

日光浴は、光線が干渉することなく皮膚に到達するように、屋外で行う必要があります。窓の後ろに留まらないでください。推奨時間を選択すれば、太陽光線は有害ではありません。

また、赤ちゃんに薄手の服を着せ、そのほとんどを太陽光線にさらします。天気が良く、おむつだけを残したい場合は、効率を上げることができます。あなたの目は敏感に苦しむかもしれないので、あなたの顔だけを保護してください。赤ちゃんがイライラしたりイライラしたりした場合は、肌を太陽光線にさらしながら気をそらしてみてください。

太陽がほとんどない日でも、手順は毎日行う必要があります。これらの日は、より閉じた服で赤ちゃんを保護しますが、日光を浴びることを奪わないでください。あなたの子供の健康もあなた次第であることを忘れないでください!