安定した組合と結婚:それらがどのように機能し、どれがあなたに最適か

私たちの多くはおとぎ話のような結婚式を夢見ていますが、他の人はただ「ぼろきれをまとめる」ことを望んでいます。それは疑問が生じるときです:あなたのより良い半分を見つけた以外に、他の誰かと一緒に暮らすために何が必要ですか?組合を公式にするほうがいいですか?安定した組合と結婚がどのように機能するかを以下で確認し、どちらがあなたのケースに最も適しているかを確認してください。

伝統的な結婚式の作り方

伝統的な婚姻、つまり式典の有無にかかわらず署名が必要な書類の登録については、90日前までに自然人民登録局に書類を提出する必要があります。式典では、最初に宣言(結婚に支障がないかどうかを調査することを目的とした社会への結婚に関する通知)を実行し、続いて結婚証明書(結婚を証明する文書)を発行します。

結婚する前に、新郎新婦は結婚財産制度(夫婦の財産の所有権と分離の場合の分割の形態を決定する規則)を選択する必要があります。また、配偶者の姓を採用するかどうかを決める必要があります。婚姻状況が「独身」から「既婚」に変わります。別居では、婚姻状況は「離婚」します。

安定した組合とは

夫婦が結婚しなくても家族を作ることを決心したとき、一緒にいる時間に関係なく、同じ家に住んでいるかどうかにかかわらず、子供がいるかどうかにかかわらず、彼らは安定した組合に住んでいます。 、これもレジストリに登録されている安定連合宣言の公証書を通じて証明することができます。共存と財産制度の開始日は、証書で宣言されなければなりません。

健康保険、保険の受益者、INSSに依存している、または相続の権利を確保するなどの権利から利益を得たい人には、証拠が必要です。権利は結婚によって自動的に保証されます。だからこそ、安定した組合は結婚に等しいと言われています。

この場合、独身のままでいる同居人の婚姻状況は変更されません。組合の終了(失効)も公証人に登録する必要があります。共通の合意がない場合、失効には2人の証人が必要になります。未成年の子供がいる場合は、離婚などの法廷で取り消す必要があります。

紙がない場合はどうなりますか?

夫婦が登記所に婚姻を登録せずに宗教儀式のみを行うことを決定した場合、儀式は家族を形成する意図の証拠であるため、彼らは合法的に安定した組合に住んでいます。夫婦が何年も一緒に住んでいて、組合の宣言を決してしない場合、彼らは権利を享受することができません。

今、「これからも幸せに暮らす」部分の世話をしてください!結婚の初期に対処し、組合を長持ちさせる方法も参照してください。