女性が知っておくべき女性の心臓発作に関する7つの事実

ブラジル心臓病学会のデータによると  、2011年だけ43,317千人の女性(症例の41.90%に相当)が国内の冠状動脈性心臓病で死亡しました。つまり、12分ごとの女性です。その同じ年、国立がん研究所によると、13,225人の女性がブラジルで乳がんで亡くなりました。男性は依然として女性よりも冠状動脈性心臓病による年間16.8千人の死亡に苦しんでいます。おそらくこれが、ほとんどの女性が依然として心血管疾患を主に男性であると考えている理由です。すべての女性が知る必要がある女性の心臓発作についての7つの新しい事実はここにあります:

事実1

女性の梗塞の最初の警告サインは数ヶ月前に現れるかもしれません

ノルウェー、カナダ、米国での研究によると、ほとんどの女性は心臓発作の1年前までに重要な症状を訴えています。一般的に、この症状は異常な倦怠感、睡眠障害、息切れです。その他には、不安、消化不良、腕のしびれの期間、胸、顎、背中、腕または脚のどこかの痛みがあります。

事実2

一般的な試験は問題を引き起こさないかもしれません

虚血と呼ばれる心臓の血流の減少は、冠状動脈のプラークによって引き起こされる明確な閉塞の存在に起因します。これらのプラークの破裂は、ほとんどの男性と女性の梗塞の原因です。しかし、より最近の発見は、虚血が、血流を制限する点まで心臓の血管が狭くなったり硬化したりするなど、いくつかの原因を持っている可能性があることを示しています:いわゆる冠状動脈微小血管機能障害。過去10年間に米国で実施された重要な研究である女性の虚血性症候群の評価では、胸痛、息切れ、運動テストの結果が悪い女性の約50%が一般的な血管造影で閉塞を示さないことがわかりました。これらの発見は、とりわけ、最も一般的な診断テストで、一部の女性が受けた心臓発作が報告されない理由を説明するのに役立ちます。

事実3

中年女性では心臓発作が増加しています

エストロゲンの保護効果のため、ほとんどの女性は男性の7〜10年後に心臓発作を経験します。平均して、通常は閉経後、70年後に発生率がピークになります。しかし、研究によると、過去20年間で、中年の女性(40〜65歳)の心臓発作の数は増加しており、同じ年齢の男性の心臓発作の数は減少しています。この変化は、喫煙、糖尿病、高血圧、肥満、座りがちな生活など、主な心血管リスク因子の発生率の増加に関連している可能性があります。

記事で詳細を読むあなたは糖尿病を患っていますか?、高血圧を減らすために5つのステップで高血圧。

事実4

女性には独自の重大な危険因子があります

主な心血管の危険因子は男性と女性で同じです。しかし、女性では、喫煙と糖尿病の重要性が過去20年間で高まっています。そして、女性には男性にはないいくつかの重要な危険因子があります。妊娠の合併症、特に子癇前症は、心血管リスクを大幅に増加させます。他の危険因子は、妊娠糖尿病と赤ちゃんの子宮内胎児発育遅延です。女性だけの危険因子の中には、女性が自然な心血管ホルモン保護を失う初期の閉経(40歳未満)もあります。残念ながら、この保護はホルモン補充療法では保証できません。多嚢胞性卵巣症候群と呼ばれる病気で、不妊症、体重増加、生理不順を引き起こします。また、心臓病のリスクを高めます。

事実5

失恋症候群は生命を脅かす可能性があります

1990年、日本の研究者は、一時的ではあるが致命的となる可能性のある心臓の問題を最初に特定しました。これは通常、極度のストレス、悲しみ、ショックによって引き起こされ、閉経後の女性では男性よりも9倍多く見られます。たこつぼ心筋症、または左心室の一過性の心尖部バルーニングです。この病気は心臓ポンプの効果を妨げ、梗塞の症状や心電図の変化を引き起こす可能性があります。ただし、動脈の閉塞はありません。この症候群は患者でますます特定されており、根本的な原因を見つけるための研究が世界中で進行中です。

事実6

動脈の裂傷や腫れは血流を妨げる可能性があります

「特発性冠状動脈解離」では、冠状動脈の1つに裂傷または腫れがあり、血流が遮断されます。一方、特発性冠動脈解離に苦しむ人の70%は女性です。この病気は通常30歳から40歳の間に現れ、非常にまれで、若い患者と女性の患者に影響を及ぼし、急性心筋梗塞の症例の0.1%から1.1%に相当します。さらに、ほとんどの場合、冠状動脈アテローム性動脈硬化症の古典的な危険因子はありません。

事実7

あなたの症状を信じて、あなたの最大の擁護者になりましょう

女性の心臓発作の理解は過去10年間で大幅に改善されましたが、専門家は確かに、女性の代表を増やすには、より多くの研究が必要であると述べています。さらに、彼らがリスクと症状を非常に真剣に受け止めることが不可欠です。それでも、胸痛の症状が主な特徴として知られている女性の75%以上は、心臓発作ではないと想定して胸痛を軽蔑する傾向があります。