隣人は沈黙の法則を尊重しませんか?何をすべきかを知っている

「沈黙の法則」の期限として22:00を定めている常識にもかかわらず、住民の安心を損なう過度の騒音は、時間帯を問わず違法です。しかし、いかなる反応の前にも、問題が当事者間の大きな争いになり、司法解決の費用を要求することを防ぐために、隣人との友好的な理解を求めることをお勧めします。したがって、隣人が沈黙の法則を尊重しない場合の行動方法に関する6つのヒントをリストしました。

1.共同アプローチを取る

騒音が不快だと感じている他の隣人と話し、騒がしい隣人に共同でアプローチすることができます。隣人が近づこうとしたときに脅迫的または暴力的な行動をとった場合は、警察に通報してください。

2.清算人を使用する

マンションの場合は、最初に非人格的な回覧を発行する清算人を使用することを常にお勧めします。次に、この行動が効果がない場合、清算人は騒々しい所有者と直接理解に達し、問題の最も平和的な解決策を見つけるように努めるべきです。

3.書面による通知を送信します

建物の条約や規則で規定されている制裁に関係なく、友好的な理解のすべての手段を使い果たしたので、清算人または負傷した隣人は、沈黙の法則を尊重していない犯罪者に書面で通知するのが便利です。よりエネルギッシュなトーンを使用して、結果として生じる可能性のある結果を示すことをお勧めします。

4.罰金の可能性があるかどうかを確認します

騒音が続く場合は、マンションの慣例に定められた罰金を適用する必要があります。これを省略した場合は、そのペナルティを修正するためにアイテムを含めるように手配してください。罰金の予測がある場合、受信者はそれを適用して収集する必要があります。

5.最悪の場合、正義をもたらす

内部救済が尽きた後も、近隣または特定の居住者に有害なテナントの行動を抑制するための法的救済が残ります。場合によっては、清算人が代理人を務めるマンション、または負傷した所有者が訴訟を起こす。

追加のヒント:

所有者と所有者の両方が近隣法に基づいて請求を行うことができます。安全、静けさ、平和への権利は基本的なルールです。退屈が続く間、裁判官によって修正されることができる毎日の罰金のペナルティの下ですべて。民事訴訟は、刑法に違反した場合でも、犯罪者を無効にするものではありません。このようにして、監督者または直接被害を受けた人は、必要な目撃者を使用して警察に苦情を申し立てることができます。