狂犬病ワクチン:いつ服用するかを知る

狂犬病ワクチンは、狂犬病と呼ばれる病気の予防に適応されます。病気のウイルスは、感染した犬や他の動物の咬傷を介して伝染する可能性があります。大人も子供も手に入れることができます。

注意:

症状を正しく診断し、効果的かつ安全な治療を行うには、医師または薬剤師に指導を求めてください。

狂犬病とは何ですか?

狂犬病は、人間の脳に炎症を引き起こす可能性があり、通常は死に至る動物によって感染する病気です。

この病気は非常に危険であるため、多くの場合、医療システムはワクチン接種キャンペーンを設定し、ウイルスにさらされた場合に全員が互いに相談するように指示されます。

また読む:あなたがあなたのペットと一緒に取るべき世話を知っている

保健省によると、感染した動物の唾液を介して、以下を介して感染します。

  • かみ傷
  • なめる

狂犬病ワクチンは何のためにありますか?

先に述べたように、ワクチンは人間の狂犬病に対する予防の一形態として機能し、ウイルスへの曝露の前または後に投与することができます。

画像:cottonbro / Pexels

ほとんどのワクチンと同様に、狂犬病も例外ではありません。狂犬病は、体を刺激して病気から身を守ることによって機能します。次のような危険な状況で働く専門家向け。

  • 獣医師;
  • ウイルス学研究所で働く専門家;
  • 獣医学の学生;
  • 生物学者
  • 通りの動物を扱う人々。

とりわけ、予防的にワクチンを適用することをお勧めします。その他の場合、飼い主なしで犬や猫などの動物の唾液と接触した場合は、ウイルスにさらされた後にワクチンを投与する必要があります。

狂犬病ワクチンを接種する必要があるのはいつですか?

ウイルスに毎日さらされている専門家、または病気が管理されていない地域に旅行する予定の人々には、暴露前の予防接種が必要です。

一方、曝露後ワクチンは、ウイルスを感染させる可能性のある動物と接触した後、できるだけ早く医療指導の下で保健センターに投与する必要があります。

画像:CDC / Pexels

さらに、石鹸または洗剤を使用して、流水で傷口を洗浄することもお勧めします。保健省によると、「この行為は感染のリスクを減らすことが示されている」。

ワクチンの投与量は、患者の病歴に応じて医師が決定する必要があります。