アルコール飲料:どれだけ多すぎると考えられますか?

多くのロックファンのように、43歳のTande Coelhoは友達と一緒にバーに行き、アルコールを飲んだり音楽を聴いたりします。ほとんどの場合、彼はビールを飲むのが好きです。ただし、アルコールの消費量は時々異なります。「冷凍ブロンド」を赤ワインに交換してください。

「私は毎日飲むわけではありませんが、平均して週に2〜3回飲みます。結局、家や家の近くのバーで一人で飲むのですが、それはめったにありません。量はさまざまですが、年齢とともに減少しています。若い頃、一晩で15本以上の生ビールを飲みました。今日、私は通常8から10の長い首を取ります」と彼は言います。

参照:胸焼けによる火を消す方法を理解する

いわゆるロングネックは355mlのボトルです。アルコール含有量が4%の0.5リットルのビールには16 gの純粋なアルコールが含まれているため、Tandeと彼の友人は、離れるたびに90〜113gのアルコールを摂取します。ただし、保健省は男性と女性の両方にゼロ消費を推奨しています。

ブラジルの公衆衛生当局は、アルコールの習慣と飲み物の乱用にますます気づいています。2014年に実施された世界保健機関(WHO)の調査によると、アルコールと健康に関するグローバルレポートによると、アルコールは事実上世界中で消費されています。2010年だけでも、15歳以上の人は約6.2リットルの純粋なアルコールを消費したと推定されています。これは1日あたり13.5gに相当します。ブラジルの推定消費量は1人あたり8.7リットルで、世界平均を上回っています。ブラジルの消費量は多いものの、一人当たりの消費量は5年間で減少し、2005年の9.8リットルから2010年には8.7リットルになりました。

アルコールは200以上の病気やけがの原因となる要因です

「ここでは、対照的な状況があります。人口の51%はアルコールを消費していませんが、25%は80%以上のアルコール飲料を飲んでいます。一方では、高い禁欲率。他方、人口のかなりの部分の高い消費」。分析は、精神科医のロナウド・ラランジェイラ、アルコールおよび薬物研究ユニット(UNIAD)のディレクターによるものです。

WHOは、人間の健康に対するアルコールの影響について恐ろしい絵を描いています。世界中で、年間330万人が飲酒により死亡しています。つまり、全死亡のほぼ6%は、全体的または部分的にアルコールによるものです。ブラジルでは、2012年にアルコールは肝硬変率の63%と60%、男性と女性間の交通事故の18%と5%にそれぞれ関連していました。さらに、その使用は200種類以上の原因因子です。病気やけがの。WHOによると、アルコールの有害な使用と精神障害および行動障害の間にも関係があります。

健康と安全を改善したいという願望に動機付けられて、40カ国以上の当局が飲酒に関する国内ガイドラインを作成しました。しかし、「飲み過ぎ」は悪いことであるとの意見はあるものの、「飲み過ぎ」についてのコンセンサスは難しいようです。

「一般的に、グラス1杯のワインまたはビールはせいぜい安全な用量です。

Laranjeira博士は、安全なレベルでの合意がないにもかかわらず、いくつかのコンセンサスがあると説明しています。例:「妊娠中の女性と青年は、これらのグループに安全な用量がないため、アルコールを摂取すべきではありません」。別の例:「女性と高齢者は、筋肉量が少ないため、生物学的に飲み物に敏感です。」

「一般的に、グラス1杯のワインまたはビールはせいぜい安全な用量です。一部の国がより高い制限を設定しているという事実は、科学的研究からの証拠よりも、アルコール業界へのロビー活動と関係があります」と彼は言います。

4%ビールの0.5リットルには純粋なアルコールが16 g含まれていますが、5%のラガービールの0.5リットルには20gが含まれています。そして、1日の平均消費量と飲酒には違いがあります。

「これらの2つのモダリティのうち、肝臓に最も有害なのは、毎日適度な量を消費するモダリティです。どちらも害を及ぼしますが、長期的には最悪です」と、ブラジルアルコール依存症および薬物協会(ABRAD)の会長であるホルヘ・ジェイバー博士は警告します。

1月、英国は、ヨーロッパで最も低いレベルの1つである、男性と女性の1日あたりのアルコール消費量の推奨値をわずか16gに修正しました。オランダ健康評議会は現在、すべての人が完全に棄権するか、1日あたり最大1回の標準用量(WHOによって10gのアルコールとして定義されている)を服用することを推奨しています。

「一般的に、グラス1杯のワインまたはビールはせいぜい安全な用量です。」

研究によると、グラスワインで効果があるとされていますが、ほとんどの専門家は、最も安全なアルコール含有量はゼロであることに同意しています。保健省の非感染性疾患および疾病局の局長であるファティマ・マリニョは次のように強調しています。「アルコールの悪は非常に影響が大きいため、同省は消費をゼロにすることを推奨しています。少ないほど良い。目標が現実的であるかどうかは関係ありません。重要なのは命を救うことです」。

ジェイバー博士は次のように説明しています。「アルコールは有毒物質であるため、代謝を変化させます。ガンのリスクを高め、膵臓、肝臓、腎臓を傷つけることに加えて、免疫系に損傷を与えます。」それでも彼によれば、毎日飲む人は誰でも「寛容を発達させ、ますます必要とする」。

ブラジルアルコール・その他の薬物研究協会(ABEAD)の会長である精神科医のAnaCecíliaMarquesは、保健省の勧告を支持していますが、彼女はそれが「効果的ではない」と考えています。各国の文化、歴史、経済など、いくつかの要因がほとんどの人に飲酒をさせています。多くの国では、飲酒は食事や社会的儀式の一部です。「飲むつもりなら、WHOの推奨事項に従ってください。男性は状況ごとに3杯以上、女性は2杯を超えてはいけません」と彼は言います。

最終的に、それはすべて個人的な選択に帰着することは明らかです。

「薬物使用、摂食障害、活動性の精神疾患(主にうつ病、外傷、不安)、または糖尿病や肝臓や腎臓の問題などの身体的疾患の病歴がある人は、控えるべきだと、ABEADのAnaCecíliaは考えています。「これらの場合、悪化する可能性は非常に高いです。」

ガイドラインは、私たちがそれらに注意を払う場合にのみ役立ちます。もちろん、最終的には、すべて個人的な選択に帰着します。たとえば、TandeCoelhoはアルコール飲料の消費をやめました。しかし、彼は深刻な病気の場合にのみ医学的アドバイスでビールを飲むのをやめると警告しています。「私は常に自由奔放な生活を補うために運動を練習してきました。私は週に3回走ります。健康を最新の状態に保ち、体をうまく機能させる方法」とタンデは言います。