バナナの利点:果物の特性を知る

バナナはアジア産の果物ですが、ブラジルで最も人気のある果物の1つになっています。バナナにはサイズ、色、味が異なるいくつかの種類がありますが、どれも非常に栄養価が高く、通常、スーパーマーケットや果物や野菜で手頃な価格で見つかります。

素晴らしいニュースは、Embrapa(Brazilian Agricultural Research Corporation)によると、ブラジル人は平均して年間約25kgのバナナを消費しているということです。果物は多くの健康上の利点を提供するので、これは生活の質を改善します。以下でそれらのいくつかに会います:

栄養豊富

ブラジルでは、銀バナナの消費は非常に一般的であり、これらの果物のそれぞれはわずか105カロリーしか含まれていません。その組成には、多くの栄養素、水、炭水化物、少量のタンパク質、脂肪が含まれていないため、減量ダイエットに含めるのに理想的です。

減量に役立ちます

先に述べたように、バナナはカロリーが低く、植物ベースの繊維の摂取は体重の減少に関連しています。食物繊維が豊富な果物なら、あなたの素晴らしい味方になります!

血糖値を調節します

バナナは、バランスの取れた食事で摂取すると、低グリセミック指数に加えて、ペクチン繊維とデンプン耐性に依存しているため、血糖値の調整にも役立ちます。

しかし、最も緑のバナナの血糖値は30であり、より熟したバナナは60であるため、糖尿病患者は注意する必要があります。すぐに食べられるバナナの平均値は51です。

消化を助け、結腸癌を防ぎます

バナナに含まれる難消化性デンプンは消化されないため、実質的に統合された形で腸に到達し、腸内細菌叢に有益なプロバイオティクスとして知られる微生物に栄養を与えます。もう一つの良い点は、バナナ繊維の別の供給源であるペクチンが体を保護し、結腸癌を予防するのに役立つということです。

圧力のための良い薬

バナナはカリウムが非常に豊富で、このミネラルは心臓の健康と血圧のコントロールに非常に重要です。研究によると、果物を定期的に摂取すると、心臓病のリスクが27%減少します。平均的なバナナには、人間が摂取すべきカリウムの9%の推奨1日摂取量(RDI)があります。

あなたの空腹を満たす

バナナ、特に緑色のバナナはカロリーが低いにもかかわらず、食欲を減退させ、満腹感を与えます。この熟成期には、レジスタントスターチとペクチンがさらに豊富になり、胃が覆われたときにその感覚を生み出すために不可欠な要素です。

抗酸化物質と二日酔いの治療に役立ちます

バナナには、ドーパミンやカテキンなど、いくつかの種類の抗酸化物質があり、これらは変性心臓病のリスクの低下に関連しています。

バナナドーパミンは脳内で化学物質として作用するのではなく、抗酸化物質としてのみ作用することに注意することが重要です。したがって、果物は二日酔いで病気になっている人のための治療法でもあります。この場合、オート麦と蜂蜜を使って、きちんとしたビタミンを作る価値があります。

トレーニングのための余分なエネルギー

バナナもアスリートのお気に入りの食べ物であることをご存知ですか?これは、消化が容易で、運動による筋肉のけいれんや痛みを軽減できるためです。

これらすべての利点がわかったので、バナナを食事に含めるのをもう待つ必要はありません。果物を使ったいくつかの超おいしいレシピを学び、その皮を使って多くの日常の機能を促進する方法を理解する機会を利用してください。