あなたを刺激する14の短くてエキサイティングな物語

私たちは、することは困難であることを知っている世界はまだ道を持っていると信じているが、我々は人間の善を信じることはまだ可能であることを示すようになってきています。連帯の素晴らしいジェスチャーであろうと日常生活の小さな行為であろうと、私たちは皆、誰かの人生にプラスの影響を与えることができます。あなたを感動させる14の短くて刺激的な物語を以下でチェックしてください:

Sergei Gnatiuk / iStock

1.スーパーの男

スーパーマーケットのチェックアウトで口座が閉鎖されたとき、合計は私が財布に持っていたものより12ドル多かった。バッグからアイテムを取り出し始めましたが、別の顧客から20ドル札が渡されました。

「しないでください」と私は拒否した。

「私はあなたに話をするつもりです」と彼は言いました。-母はガンで入院しています。私は毎日彼女を訪ねて花を持ってきます。今朝、彼女は私にもっと花を買うことに腹を立てた。そして彼は私にそのお金で何か他のことをするように言った。だから、受け入れてください。母の花です。

レスリー・ワグナー、ピール、アーカンソー

ArminStautBerlin / iStock

2.孫娘のドレス

古着屋で孫娘が大好きなドレスを見ました。でもお金が足りなかったので、店主に預けてくれないかと聞いてみました。

-ドレスを買ってもいいですか。別の顧客に尋ねた。

「ありがとう、でもそんな贈り物は受け取れない」と私は言った。

それから彼女は私を助​​けることがとても重要だと思った理由を私に話しました。彼女は3年間通りに住んでいて、見知らぬ人の親切がなかったら、彼女は生き残ることができなかっただろう。

-私はもう通りに住んでいませんが、多くの人が私に抱いていた優しさを返すことを約束しました。

彼女はドレスを購入し、その見返りとして受け取った唯一の支払いは誠実な抱擁でした。

ステイシーリー、コロンビア、メリーランド

シロノソフ/ iStock

3.暖かいドイツ人

私はブラジル人で、ドイツに数ヶ月住んでいます。もちろん、私は人々の間で大きな違いを感じました。ドイツ人は見知らぬ人からの自然な距離で知られています。

ある日、自転車に乗っていると、路面電車の線路に車輪が引っかかって、ひどく転んでしまいました。自分を大きく傷つけるだけでなく、とても緊張しました。

亡くなった家族(父親、母親、子供、祖母)が助けを求めて立ち止まりました。彼らは水を提供し、自転車の車輪をほどき、祖母は私が元気であると確信した20分後に私の手を離した。

ビアンカリチャ、ベルリン、ドイツ

RobertHoetink / iStock

4.芸術への愛

機内持ち込み手荷物の液体の禁止を忘れ、空港の警備に到着したとき、私はすべての塗料をあきらめなければなりませんでした。1週間後、私が戻ったとき、従業員が手荷物受取所に一緒にいました。彼は私のためにそれらを保管することに加えて、私を見つけるために私の帰国の日時を検索しました。

マリリン・キンセラ、キャンモア、カナダ

読み続けます