妊娠中の片頭痛は正常ですか?

女性は通常、ホルモンの不均衡のために片頭痛に苦しむ可能性があります。

妊娠中は、妊娠初期に片頭痛を発症することがより一般的です。同様に、妊娠の終わりにそれが消えることは正常です。痛みの出現と消失の両方において、それはエストロゲンの不均衡によるものです。

妊娠初期には、エストロゲンレベルが低く、片頭痛の発症に有利です。それでも吐き気と嘔吐を伴うことがあります。

結局、ホルモンレベルが上昇し、それがホルモンバランスを生み出し、痛みが消えます。

妊娠中の片頭痛は、歩行困難、睡眠姿勢、食事の変化など、ホルモンと身体の両方で身体が変化するため、いくつかの要因によって引き起こされます。

妊娠中の片頭痛は危険ですか?

片頭痛は赤ちゃんへの直接的なリスクを意味するものではありませんが、子癇前症などの問題の原因を特定するために産科医に診てもらうことが重要です。

一部の症状は片頭痛に関連している可能性があります。吐き気と嘔吐に加えて、かすみ目、めまい、低血圧または高血圧が発生する可能性があります。高血圧の重度のエピソードが発生した場合、これらの場合、妊娠中の女性と赤ちゃんにリスクがあります。

片頭痛を治療する方法は?

パラセタモールやスマトリプタンなど、妊娠中の女性に処方されるいくつかの鎮痛剤がありますが、これらは健康上のリスクをもたらしません。ただし、処方薬は産科医の監督下に置く必要があります。

自然な片頭痛の治療

鍼治療、リラクゼーション法、呼吸法、ヨガ、瞑想などの代替療法は素晴らしい選択肢です。一日中できるだけ休息し、5〜7回の少量の食事をとり、1日あたり少なくとも2リットルの水を飲むことが重要です。

もう1つの重要なヒントは、これらの習慣を身体運動と組み合わせることです。これは、消化を改善し、血糖値のバランスをとるのに役立ちます。さらに、通常の出産では、運動は素晴らしい味方です!

防ぐ方法

ストレス、不安、食事などの片頭痛の原因に常に注意を払うことが重要です。他の要因は、騒々しいまたは明るい場所や多くの努力を必要とする運動である可能性があります。

良いオプションは、定期的な日記をつけて、片頭痛が最も現れる時間と活動を報告することです。また、腹痛や腹圧の出現にも注意してください。


症状を正しく診断し、効果的かつ安全な治療を行うには、医師または薬剤師に指導を求めてください。