自宅で行う21のストレッチと筋力トレーニング

ストレッチは、首、足、腰、背中など、ストレッチが難しく、痛みを伴うことが多いポイントに柔軟性を集中させるため、歩行者に特に適しています

しかし、彼らのためだけではありません。ストレッチと定期的な筋力トレーニングはあなたの筋肉を強くします。それでも、靭帯などの関節を保護する結合組織を厚くすることで、体力を高め、筋肉の緊張を改善し、怪我から保護します。したがって、それらはすべての人に推奨されます。

もっと見る: 日常のタスクにストレッチを含める方法

ヒント:特に明記されていない限り、各ストレッチを30〜60秒間維持します。

自宅で行う21のストレッチと筋力トレーニングをチェックしてください:

リーダーズダイジェスト

足と足首

1。ヒールリフト

2つの重要なふくらはぎの筋肉を強化し、アキレス腱をサポートします。

椅子の後ろに立って、バランスを保つために背もたれをつかみます。快適にできる限りかかとを地面から離します。それを置く。8〜12回繰り返して、シリーズを完成させます。

リーダーズダイジェスト

二 。ふくらはぎストレッチ

ふくらはぎとアキレス腱を伸ばします。

壁から約4インチのところに立ち、その上に手を置きます。右足で大きく後退します。左膝を曲げ、右足を伸ばし、右かかとを床につけたまま、足の後ろをやさしく引っ​​張ります。腰を前に動かしてストレッチを増やします。サイドを切り替えて繰り返します。

リーダーズダイジェスト

3.3。足首の回転

足首の可動性を促進します。

足を少し伸ばした状態で椅子に座ります。足首を円を描くように回転させます。6〜8回繰り返してから、回転方向を変えます。足を同時に動かすには、足を上げます。

リーダーズダイジェスト

脚と腰

1。大腿四頭筋のストレッチ

大腿四頭筋、太ももの前部の筋肉組織を伸ばします。

足をヒップ幅だけ離して立って、右手で椅子の後ろをつかみます。右膝を少し曲げた状態で、左足を左手で持ち、かかとをお尻に向かってそっと引きます。膝を揃えてください。位置を保持します。離して、右足で繰り返します。

読み続けます