高コレステロール:この問題を予防および治療する方法を学ぶ

コレステロールは、血液中を循環し、有害ではない脂質物質です。しかし、過剰に、高コレステロールは健康に害を及ぼす可能性があります。医師は常に総血中コレステロールと、体が生成する「悪玉」コレステロール(LDL)と「善玉」(HDL)の2種類を観察します。

また読む: LDLコレステロール-低いほど良い!

過剰なLDLは動脈をブロックし、心臓発作を引き起こす可能性があります。一方、HDLは、コレステロールが動脈に蓄積する前にコレステロールを取り除くのに役立ちます。

高コレステロールの原因は何ですか?

遺伝的要因はコレステロール値に影響を与えますが、多くの人では、高率は飽和脂肪とコレステロールが豊富な食事に関連しています。これら2つは、主に動物由来の食品、バター、乳製品全体に含まれています。

加工食品に含まれるココナッツ、パーム油、硬化脂肪は飽和脂肪が豊富ですが、コレステロールは豊富ではありません。

太りすぎ、喫煙、運動不足も望ましくない影響を与える可能性があります。たとえば、ハイキングは、よりアクティブな生活への素晴らしいスタートになる可能性があります。この演習を開始するためのヒントをいくつか紹介します。

コレステロールを減らす方法

さまざまな栄養素や植物相の治療法は、レベルを制御するのに役立ちます。ビタミンEとCとニンニクは有益であり、長期的に安全に使用することができます。

コレステロールを直接低下させるわけではありませんが、ビタミンEはフリーラジカルによってLDLに誘発される損傷を防ぐようです。一方、ビタミンCは、ビタミンEとHDLレベルの有効性を高めるのに役立ちます。さらに、それは血管を強化するのに優れています。もっと知っている。

総コレステロールを減らすことができる水溶性食物繊維を含まない食事をしている人は、日焼け植物を摂取する必要があります。最も安価な方法であることに加えて、その効果は非常に高いレベルの人々でより顕著です。

コレステロール値を下げるニンニクの力に関する研究は矛盾していますが、栄養志向の臨床医の何人かは、その試みを正当化するプラスの効果を信じています。ニンニクをサプリメントとして摂取することの利点を発見してください。

食事療法の変更も役立ちます。肉を魚に置き換えることから始めます。また、穀物、野菜、果物など、食物繊維が豊富な食品にも投資します。食事にもっと丸ごとの食べ物を入れる方法をご覧ください。バターの代わりに、より多くの一価不飽和油、つまりオリーブ油またはカノーラ油を消費します。

食品中のコレステロールは血中コレステロール値を上昇させる可能性があります。ただし、レベルに最も強く影響するのは食品に含まれる飽和脂肪です。

したがって、ラベルに「コレステロールなし」と記載されていても、製品が健康であると想定しないでください。飽和脂肪含有量を注意深く確認してください。最後に、HDLレベルを上げるのに役立つ定期的な運動プログラムを採用します。