公衆トイレは危険ですか?リスクを冒さずに使用する方法を見る

公衆トイレの使用を避けられない場合があります。多くの女性にとって、少なくとも目標は、細菌でいっぱいでなければならない恐ろしい便器に触れないことですよね?

実際、トイレは私たちの懸念の中で最も少ないものです。研究によると、トイレから梅毒、結核、HIV(エイズウイルス)に感染することはありません。そして、このように性器ヘルペスに感染することはほとんど不可能です。

本当のリスクは、フラッシングメカニズムを作動させた後、トイレを出る前に発生します。手を洗いましたか?そして、あなたの前にバスルームを使った人は、彼らを洗ったのですか?

細菌でいっぱいの場所

多くの病気は糞口接触によって伝染します。感染者の糞便で汚染された表面(トイレ、水洗ボタン、蛇口、ドアハンドル)に触れてから、口に触れたり、食べ物に触れたりすると、次のことが起こります。

大腸菌感染症

A型肝炎

シェゲロース(腸の重度の感染症)

ジアルジア症(下痢、腹痛、吐き気を引き起こす可能性のある寄生虫感染症)

したがって、公衆トイレでの細菌に対する最善の保護は、使い捨てトイレカバーではなく、古き良き石鹸と水です。トイレを使用した後は、必ず手を洗ってください。 

また、バスルームの表面との接触をできるだけ減らしてください。最新の建物の公衆トイレには、手を下に置くとすぐに水を噴き出す蛇口付きのトイレがよくあります。

がらくたのチャンピオン?

残念ながら、人々は必要な頻度で手を洗うことはありません。これは、アメリカ微生物学会が後援し、アメリカの5つの都市の男性と女性の公衆トイレで実施された研究の結論です。

すべての公衆トイレにタオルと石鹸がありました

研究者たちは、施設を使用した後に手を洗った人の数を数えました。結論の中で、次のことが際立っています。

1.調査した6,000人以上の男性と女性のほぼ3分の1は、バスルームを使用した後に手を洗わなかった。

2.ニューヨークのペンシルバニア駅では、バスルームユーザーの60%だけが手を洗いました。

3.この研究はまた、全体で、女性の74%と男性の61%だけが手を洗ったことを明らかにしました。

だから忘れないでください:あなたの手を洗ってください。そして、リスクを冒さないために、他の人の衛生上の欠陥から身を守ってください。ペーパータオルを使用して蛇口をオンにし、手を洗います。次に、新しいペーパータオルを使用して、蛇口をオフにし、離れるときにドアハンドルを開きます。

ヒント:ティッシュのパケットをバッグに入れてください。